新作ヘッダー男女4人の『モデル』は実在した!答え合わせとココだけの制作ウラばなし公開!

 

きよち

きよち(@kiyoworks723)だよ、昨日の日記を経て、やっと本編再!きよちだよ。

 

さあ皆様、お待たせしました!

5/13UPのNEWヘッダーに登場する4人の男女について、実はモデルがいたお話ですが、本日はいよいよ“モデルさん”が誰か?また、当ブログ読者さんだけに明かす、ココだけの“制作秘話”をお届けしますーー!^^*

 

 

まずは、4人の男女の“モデル”一挙公開!

 

ではテンポよくいっきまーす!まず、一人目はこちら!↓↓↓

 

①左端の彼

モデル

①9割メイン:脳内アーティストSHUN INANUMA(@shuninanuma)さん

BLOG:今マジになる!!ブログ

まっすぐな熱量が胸にささる、素敵記事と素敵ツイートがダイスキです!必見

 

②高校時代の同級生:ラッパーH君 (齢17歳で既にガチドレッド&一人暮らし)

③高校時代の同級生:B系ファッションI君 (見た目イカついのに甘党。ギャップに溢れるイイ奴)

 

モデル様、複数います。複合型キャラです。

特に、@shuninanumaさんの彩り彩り溢れるご活動にインスパイアされ、ノリノリで描きました。w

 

次のキャラはこちら!↓↓↓

②メガネGIRL

モデル

まさかの実妹:○○チャン!|・ω・`)ノ (←※鬼シスコン)

 

身内を引っ張りだすという暴挙。まあでも、若干美化しているものの、本当にこんな感じなんです。

 

ちなみに妹もクリエイター。先日、とある出版社のWEB連載で、でっかいシゴトが決まったことをいち早くメールで知らせてくれました。(:▽:)

 

きよち

○○ちゃん!身バレNGと再三言われてるから、おねいちゃん自慢したくて仕方ないけど、

頑張ってこらえるよ!!(())

あと、銀河イチかわいい皇子(※2歳の甥っ子)の写真を、いつもテロ気味な枚数で送ってくれて、本当にありがとう!!(:▽:)

 

さあさあ、どんどんいきますよーー!^^

 

③色気漂うオトナMEN

 

モデル

『イケメンは作れる』ふじさわ(藤沢篤)さん(@fujisawatsushi

BLOG:ふじさわブログFUJBLO

岸 和希@美容師ブロガー(@kazuki_kishi)さん

BLOG:きしろぐ キシノアトリエ きしらいふ

 

2人目の複合型!です。やはり異性の方は一人きりに絞らず、複合したほうが、ワタシ的にはイキイキ書けます。|・ω・`)ノ

お2人とも、写真からフワっと香る空気感含め素敵イケメンズだので、女子の皆様は是非↑のリンクをクリックして見に行かれてください。笑

 

さて最後はこちらー!↓↓↓

④右端の女子力高めGIRL

 

モデル

こちらだけまさかの2次元:ルパン三世『峰不二子』

可愛さと知性を両立させた、オトナで魅力的なオンナを目指しました。これが表向きの設定です。

で、ウラを言うと・・・

 

 

年がら年中息を吸って吐くように『モテたい』を連呼する、女の子がダイスキな彼にウケそうな女のコを目指したら、生々しくリアルになるかなーというゲスい設定で描きました。笑↓↓↓

(しゅうへいクンごめん、でもお陰さまで、マジ筆が進みましたw)

 

きよち

そんなしゅうへいクンだけど、“やるときはやる”超アツい、いいオトコです。生き方もブログ展開も覚悟を決めたらリスクがあっても思い切り“舵をとる”!そんな彼のブログも是非見てね!↓↓↓

 

あわせて読みたい

 

イケハヤさんコンサルの元、生まれ変わったしゅうへいクンBLOG

 

 

 

てな具合で、男女4名のモデルが出揃いました!ここでコッソリ??ウラ話です。

 

制作秘話:絵が上手いイラストレーターさんは星の数ほどいるから、ここは『○○○式・彩色』で“強み”をアップ!

メイク コスメ ブラシ

 

プロフィールにもあるのですが・・・ワタシ、20代前半の時にメイクスクールに通っており、卒業までの丸2年で、メイクの基礎からスチール(撮影用)メイク、顔分析(骨格)、人相学、色彩倫理学など、メイクアップの世界を幅広~~~く学びました。

参照 ▶ ダンナとの出会いのきっかけも『メイク』 でした

 

あまり知られておりませんが、メイクはパーツうんぬんより何より、お顔の“骨格”が命!そしてベース(肌ファンデ)でどれだけその骨格の立体感を引き出し、美しく仕上げるられるかがキモです。

 

在学中の2年間にこのあたりをみっちりドスパルタで仕込まれたせいで、そのベースメイクスキルだけは今だ健在。ならばそれをそのまま、イラストの彩色に生かしてしまえ!という『メイク式彩色』アイデアがひらめき、今回のヘッダーにつながりました。^^*

電球 ひらめき 黒板

 

このご時勢ですので、デジタルアート市場は飽和しまくり、加えて“絵師”と呼ばれるような逆立ちしてもかないそうにない凄腕スキルを持つ方もいっぱい。

 

このあたりを考えると、プロとして歩むには、相応のスキルとは別に、いかにじぶんだけの強みを創造できるかに尽きると思います。

 

だので、

  • ペンタブが一般的な今、わざわざ筆ペン手書きで主線を描いたり
  • キャラに『モデルさん』を設定したり
  • 肌彩色を完全にベースメイクのソレと全く同じ手法でフォトショで彩色したりして

 

きよちなりの、目に留まるような工夫をいっぱい施している、というのが、今回のコッソリ“ウラ話”でした!

 

きよち

これは職種に限らず、きっと全部の世界に共通して言えることだよね。差別化、だいじ!

 

 

・・・というわけで今日もだいぶ長くなりましたが、ここまで読んでくださったあなたに感謝感謝です!きよち宛のご感想等ありましたら、@kiyoworks723 まで、お気軽にお知らせくださいー!

 

それでは次回もお楽しみに!きよちッ!!!

 

 

コメントを残す